ロックガーデン途中からA懸岩、B懸岩跡、ピラーロック、
キャッスルウォール、ブラックフェースで荒地山、道畦谷東尾根で芦屋川に
 2016年1月20日
水 晴

アクセス  阪急南千里7:40⇒十三⇒阪急岡本駅8:40 
ルート
タイム
阪急芦屋川駅9:10⇒高座の滝9:36着-9:45発⇒中央稜⇒第一鉄塔10:10着ー10:15発⇒A懸垂岩下10::25⇒A懸垂岩⇒B懸垂岩跡⇒ピラーロック11:30着-12:00発⇒中央稜道出会⇒高座谷道⇒キャッルウォール下12:45⇒キャッルウォール上13:05⇒ブラックフェース下13:18⇒ブラックフェース⇒荒地山13:35着ー13:45発⇒岩梯子道道畦谷東尾根分岐13:53⇒道畦谷東尾根道⇒芦屋川右岸道合流14:45⇒山芦屋住宅15:22着ー15:35発⇒15:50着

「関西の山歩き&ときどきアルプス」メンバー13人でロックガーデン中央陵第一鉄塔からピラーロック、キャッルウォール、ブラックフェースで荒地山、道畦谷東尾根で降る。
寒波襲来で、天気予報では山は雪かもとと、軽アイゼン、笠迄万全の準備をする。先ずは中央陵岩場登りで体を慣らすが、皆さん元気で早い。此のルートは何時も一人でタイムトライアルで登るので、余裕がないが、今日は皆の岩場登りを眺めながら登ったので楽しかった、第一鉄塔で一休み。A懸垂岩下え降りの道を歩き谷に出ると、降ると小便滝から地獄谷へ、登りを歩きA懸垂岩下に出る。A懸垂岩に登り降っていると、皆さんはB懸岩跡へのザレ岩尾根アップダウン道に取り付いていた。B懸下に出ると、岩場にロープが張られていた。前回は登りは楽に登れたが、ピラーロックに登る為に、戻りの降りでは冷や汗をかいたが、ロープの御蔭で安心して降れた。ピラーロックへの登りも皆さん達者に登っていた。ピラーロック下で早いお昼を食べて、中央稜に登り返し、高座谷へ降り、奥高座滝への道に降ると、谷道は台風災害で落ちた岩や倒木で荒れていた。道標に従いキャッルウォール下に出る。左端から岩場に取り付き登ったが、始めの1ヵ所で苦労した、体力が落ちたのか、後で考えると昨年より体重が3kg増えていた。5人登って来たが、残りは巻道で登って来た。岩梯子道から奥高座谷への降りを歩き、途中からブラックフェース下に出ようと、又も早く曲る。引き返したが、一人だけ5m位下の道に直接降ったが、藪が深く大変だった、反省。左手から取り付き、左端き登る。ブラックフェーストップ下の岩場では一部の人が苦労していたが、リーダーの補助で登れた。トップから先の藪の多い岩場は段差も多く、余り好きで無いが、岩巡りのコースは何本も有り、今回も違うコースで歩いた。荒地山に登り、降りは岩梯子道上部から、道畦谷東尾根を降ったが、厳しい降りで、岩や立木に掴りながら降った。途中で昨年登った道畦谷南尾根道と合流、此処で芦屋川右岸道と勘違いし登りだし、少し登った丸太階段と出会い間違いに気がつく。降りの道を歩き、芦屋川右岸道に合流し、道畦谷砂防ダム脇を通り宝泉水前から、奥芦屋住宅に出て芦屋側に戻る。
中央稜の岩場登り A懸垂岩下 A懸垂岩からB懸垂岩跡への縦走路
狭い岩場の間を潜る B懸垂岩跡へ登り岩場、ロープが張られていた ピラーロックへの登り
キャッルウォール キャッルウォールへ登る ブラックフェース天場から下方を
ブラックフェース天場から上方も大岩の間を廻りこむ 荒地山山頂
雑木樹林帯の急坂降り 一ヵ所だけ低松の短い尾根 崩れやすい大岩の多い道畦東壁、下方には、新しい堰堤も