表参道から綿向山   2016年1月31日
日  晴

アクセス   JR岸辺駅6:30発⇒大阪駅6:42着−車で7:00発⇒阪神高速⇒名神高速八日市IC⇒日野町西明寺奥の北畑林道脇に駐車8:40
ルート
タイム
駐車場9:08発⇒ヒミズ谷出合小屋9:28着−9:35発⇒アザミ小屋10:22着-10:40発⇒五合目小屋11:00着−発11:05⇒七合目行者コバ11:23着−11:28発⇒竜王山分岐1:55⇒綿向山11;56着−12:31発⇒竜王山分岐12;33⇒幸福のブナ12:36着−12:40発⇒表参道コース合流12:45⇒七合目行者コバ13:00⇒五合目小屋13:12着−13:30発⇒ヒミズ谷出合小屋14:07⇒駐車場14:30着

10年振りの綿向山、樹氷と白山等の展望を楽しみに、1眼レフを持っての久し振りの出発。高速道はスムーズに走れ予定通り西明寺に到着。駐車場を探して3ヵ所程ウロウロしたが、北畑林道奥の登山口近い空き地に駐車する。西明寺川沿いの北畑林道を歩いていると、天然記念物「綿向山麓の接触変質地帯」前を歩いたが、説明板を読んでも良く判ら無かった。堰堤横を階段道で登ると、林道終点の表示板が有り、ヒミズ谷出合小屋が、先ずは衣服調整を。西明寺川を鉄骨吊橋で渡り、植林帯の九十九折道は勾配が緩く歩き易い。アザミ小屋で、アイゼンを装着し5号目小屋で15回九十九折道が終了。7合目迄の長い山腹道も緩く歩き易い。7合目からの急登に備えて行者コバで一休み。H180m,L1160mの大きな尾根は踏み跡が多く、歩き易そうな道を登っていたら、途中から樹氷も見られた。山頂手前には竜ヶ岳への分岐が。東方面が開けた広い山頂には大勢の登山者が休まれていた。北方面の伊吹山から北東方面は特定できなかったが、雨乞岳から南方面は特定出来た。残念ながら白山、御嶽山は見えなかった。山頂は今日は風も無く、日差しも強く、UV対策でマスクを着用する。竜ヶ岳に廻り下山予定で有ったが、アイゼンの故障者が出たので、「幸福のブナ」迄歩き、変形したブナの木を潜り表参道に戻り下山する。アザミ小屋を越えた下でアイゼンを外し、ゆっくりとストックワークで下山する。
 
 正面に綿向山眺めながら北畑林道を登る ヒミズ谷出会小屋 合目毎に標高と山頂までの距離が、判り易い
3合目上アザミ小屋 5合目小屋から、竜ヶ岳縦走路尾根、中部電力鉄塔 7合目行者コバ
8合目近くで見られた樹氷 綿向山山頂
山頂から東方面展望
竜ヶ岳縦走路すぐ先で幸福のブナの木、潜ると幸を呼ぶと 降りでも樹氷が残っていた