今年は樹氷を楽しめた台高、明神平 2017年1月22日 日 雲

アクセス  JR岸辺駅5:26⇒JR大阪⇒JR鶴橋駅6:06-近鉄鶴橋駅6:11⇒大和八木駅6:36-近鉄橿原神宮駅6:49着-車近鉄橿原神宮駅7:10発⇒大又林道終点駐車場8:35着
ルート
コースタイム
大又林道終点駐車場8:50発⇒林道終点9:40⇒第一渡渉点9:52⇒明神滝下10:35⇒明神谷別れ休憩ベンチ10:55⇒水場11:35⇒あしび山荘前11:52⇒天理大小屋11:58着-12:38発⇒前山スノーシュー散策⇒下山開始13:30明神谷別れ休憩ベンチ⇒明神滝下14:15⇒林道終点14:45着-14:55発⇒終点駐車場15:20着
今年も「関西の山登り&ときどきアルプス」雪の明神平に参加する。昨年は大又林道下駐車場から≒1000m下で車が登れず引返したが、今年は四駆車の威力、問題なく駐車場に着いたが、道中には何台も路肩駐車の車が見られた。駐車場も8割位うまっていた。駐車場からアイゼン着装で出発したが、自分は思ったより気温が低くなく凍てつ居なかったので、渡渉点を越えてから着装すと決めて、着装しないで出発した。林道終点で倒木で、道が塞がれていて踏み跡のある左から無理して登ったが、帰りは倒木を跨いで歩いた。明神の渡渉はストック片手に、補助ロープ片手に渡っていたが、今回はストックを仕舞い補助ロープをしっかり利用して渡った。第三渡渉点を渡りアイゼン着装と思っていたが、凍てつきも無いので、無しで歩いた。明神滝は氷瀑は30%位で有った。谷別れベンチ上から暫く登ると、樹氷が見られたが、一昨年程ではなかった。ジグザグ道では、直登りを何回もしたが、凍てつきが無いので歩き安かつた。あしび山荘前に出たが、思って居たより強風ではなかった。天理大小屋に降りお昼を食べたが、冷えた巻き寿司は美味しく無く、カップラーメンとコーヒーで暖を取った。前山へスノーシュー散策、ワカンを持って来ていたが、遊びだけでは面倒臭いので、降りの為に、アイゼンを着装して、踏跡をトレースしながら遊ぶ。外れると深く、膝まで入った。来週の釈迦岳のために、ラッセル訓練もしたが、30mで止める。アイゼン着装のジグザグ道の直降りを楽しみながら降る。明神滝下を越えた先から天気予報通りに、霰が降り出し林道終点ではザックの天にも積もっていた。
 大又林道終点駐車場 登山届ポストに投函  リーダーの指導を守り第一渡渉点を渡る 
急斜面の狭い山腹をを歩く   岩の下に氷瀑が  30%位氷瀑した明神滝  遠く薊岳が望まれた
 明神谷を木橋で渡り、別れて休憩ベンチからはジグザグ道に  樹氷の道を歩く  明神平あしび山荘
 樹氷の道を前山に 樹氷の道を前山に
前山途中から明神平・国見岳方面   前山でスノーシューを楽しんでいる仲間